資金が足りない状況

事業資金の確保について

起業を考えている人の多くが始めに直面するのが、事業資金の確保だと思います。融資はなるべく小額で抑えたいですが、起業してすぐ十分な利益が得られるとは限りません。しかし、経費は色々かかってしまい、その様な当面必要となる運転資金を考えた事業資金の確保が大事になってきます。 融資を受ける方法は銀行が一般的ですが、起業したばかりで実績がないために融資を受けるのは難しいです。次にノンバンクから受ける方法もあります。銀行に比べて審査が緩いために融資を受けやすいですが、金利が高く、返済期間が短いために注意が必要です。国や自治体が行っている公的融資があります。中小企業向けの支援が多いために活用しやすいかもしれません。 事業資金確保のために、多くの融資方法を知る事が大事です。

知っておいて損はしない制度融資

公的融資には、これから起業する人や、起業したばかりの人を支援する制度融資と言う制度があります。 制度融資は、地方自治体が中小企業を支援するために独自で行っており、政策に一環として行うために、他金融機関より良い条件となっています。 例えば、金利が安く、地方自治体によっては優遇処置が設けられています。次に金利のみを支払って元本を返さなくても良い期間を据置期間と言い、金融機関それぞれが期間を設けています。 これは起業したての経営は不安定なために、すぐに元本を返しだすと経営を圧迫してしまうために、起業した企業の成長を妨げないために設けられている期間です。これも制度融資の方が長いです。 事業資金に悩まれている方の参考になればと思います。